女王蜂

ローヤルゼリーのビタミン類

今回は、ローヤルゼリーに含まれているビタミン類について詳しく説明していきます。

まずは、ビタミンB1です。
ビタミンB1(チアミン)は糖質をエネルギーに変換する成分で、乳酸を分解し疲労回復を図れたり脳の神経系統を正常にします。

ビタミンB2(リボフラビン)は、成長促進、皮膚や髪・爪などの細胞の再生などを助成したり、脂質をエネルギーに変換する役目をします。

ビタミンB3(ナイアシン)は、エネルギーを産生する際に働く酸化還元酵素の補酵素です。

ビタミンB5(パントテン酸)は、エネルギー代謝を助成し、抗ストレスや動脈硬化を予防する効果があります。

ビタミンB6(ピリドキシン)は、アミノ酸代謝の酵素群に作用する補酵素で、免疫力を強化し、神経や皮膚の障害の予防に大切な役目をしています。

ビタミンB7(ビオチン)は細胞内で遊離し、カルボキシラーゼの補酵素として存在します。

ビタミンB9(葉酸)は、悪性貧血や妊娠中毒症の改善をしたり、胎児の神経管の先天異常発症のリスク回避、胎児の発育に関与しています。

ビタミンB12(シアノコバラミン)は、細胞の増殖助成やエネルギー産生、神経正常化機能等があります。

アセチルコリンは、神経や筋肉、自律神経節・副交感神経・交感神経の一部分など、多くの中枢神経系で主要な伝達物質です。
イノシトール(ビタミン様物質)は、脂肪肝や動脈硬化の予防、神経細胞の働きを助ける作用もあります。
特に、ビタミンB群は相互援助機能でエネルギーの供給や老廃物の代謝を担っています。