女王蜂

ローヤルゼリーと女王蜂の関係

蜜蜂は、
・女王蜂(卵を産むだけの仕事)
・雄蜂(働き蜂に口移しで食べ物を与えられ、女王蜂に精子を渡すだけの仕事)
・働き蜂(その他すべての仕事)で構成されています。

ローヤルゼリーは、女王様の食べ物ですが、幼虫から羽化した働き蜂も羽化して最初の数日間、ローヤルゼリーを食べます。
女王蜂も働き蜂も共にメスですが、数日間ローヤルゼリーを食べて育った働き蜂は、本来の仕事である花粉や花蜜を集めたり、巣の掃除・哺育・門衛を行います。

働き蜂が幼虫期の最初にロイヤルゼリーを食べるのかと言えば、女王蜂が何らかの理由で死んでしまった時などに、新しく女王蜂を作る予備軍としての役目があるため羽化直後の幼虫をピンチヒッターとして仮の王台を作り育てるのです。
成虫になった仮の女王蜂は、屋外に飛び立ちオス蜂と交尾をします。
女王蜂の交尾はこの1回だけで、交尾後女王蜂の受精嚢に蓄えられ産卵時に使用します。
交尾のために飼われていた雄蜂は、秋になると巣から放り出されやがて餓死します。

ロイヤルゼリーを食べ続けられる者のみが、女王蜂です。
働き蜂も幼虫期に食べたローヤルゼリーを切れ目なく与えられることにより女王蜂となれるのです。
このロイヤルゼリーは、働き蜂によってつくられています。
そんなローヤルゼリーを私たちが摂取するには主に3種類の製品タイプから摂ることになります。
1つ目は生タイプhttp://www.clean-coal.info/nama.htmlです。
一切加工されていない状態で、他の製品タイプに比べ栄養価が高いと言われています。

2つ目は粉末タイプhttp://www.dminternational.biz/sapurimento.html
です。
生タイプを加熱処理して保存がしやすくされたタイプです。
粉末状なので、何かに入れて飲んだりでき人気があります。

3つ目は調整タイプhttp://www.ftminfo.net/adjustment.html
です。
粉末タイプと同じく、生ローヤルゼリーに比べると栄養価は落ちますが、加工されているため保存が効き、独特な味も気にせず摂れます。
他の成分を加えられているため、価格が安くお求め安くなっています。